PostHeaderIcon 欲をかきがちな僕の戦法

11月 11th, 2014 Author: admin

日本の経済を支えているといっても過言ではない街、新宿。あまり普段足を運ぶ機会はないが、少しだけ気持ちがざわめく夜は繰り出してみるのもいいかもしれない。新宿といえば一大風俗街である。どんな性癖にもマッチするし、美女からニューハーフまで搾り取られるだけ搾り取られそうな面々が待ち構えている。そんな僕はいつも迷うことがある。それはプレイ時間の設定だ。
長くなれば長いほど料金も上がっていくのだが、倍々で増えているわけではなく長時間の方がお得といえばお得だったりするのだ。一番短い時間で入ろうか、リッチに長時間で身を委ねてみようか、自問自答を繰り返す日々が続いているのである。
今日はだめだ、すぐ果ててしまう。こんな夜にはショートがいいのかもしれない。しかし人間、欲をかいてしまいがち。一発じゃもったいないからなんて言って、長い時間にしちゃったりなんかよくあることじゃなかろうか。その日次第、その人次第のやり方で新宿の夜を楽しむといいかもしれない。

PostHeaderIcon 最大級の風俗街・新宿

11月 11th, 2014 Author: admin

新宿は新宿駅を中心とした日本を代表する繁華街・オフィス街の一つです。「眠らない街」歌舞伎町は東洋一の歓楽街とも言われており飲食店や映画館、ボーリング場、、パチンコ屋、キャバクラ、ホスト、性風俗店といったあらゆる業種のプレイスポットが存在しています。デリヘル・ホテヘル系の無店舗型風俗店は、朝まで営業もしくは24時間営業のお店が多いのと、ソープ、ヘルス等の店舗型風俗店も早朝から営業している風俗店が多いのでヌキの方もほぼ24時間対応しています。新宿にはデリヘル店も数多くありラブホテルもかなりあるのでデリヘル店を利用しやすい環境が整っています。また、様々なバリエーションが豊かなデリヘル店が揃っていることと特に若い子が多いのが新宿のデリヘル店の特徴の一つでもあります。また新宿のデリヘル店はかなり質が高くて可愛い子が揃っていることから新宿はデリヘルの人気が非常に高い地区の一つとなっています。

PostHeaderIcon 日本三大駅が誇る風俗街

10月 31st, 2014 Author: admin

女性日本三大駅を言えますか?東京駅、新宿駅、あと一つは・・・。実はこれには諸説あるのです。東京駅が断トツでナンバーワンの駅であることは間違いないでしょう。また、新宿駅は新幹線こそ止まりませんが、東京都内では最大級の利用者がいます。
これには多くの理由があります。まず新宿という街にはいろいろな施設が集まっているということ、また新宿駅はかなり多くの路線が乗り入れており、いろいろなところにその魅力が集まっているということです。それも一つの方法なのです。
また、日本の中にある多くの駅を語るときに新幹線の停車駅を指標にすると、やはり新宿駅というのは異色なのです。しかし、新宿という街はかなり都会的な部分とそうでない部分でできています。意外に田舎だな、と感じる部分もあるかもしれません。
しかし、一番高いビルがたくさん集まっているという場所でもあるので、その歴史にも興味がわいてきますね。また、もちろん夜の新宿を歩いていると大人の男性にとってはかなり多くの誘惑を受けることでしょう。それを振り切るのはなかなか大変です。
そしていろいろな方法でこの新宿という街を満喫することができます。皆さんはいろいろなところにその魅力を振りまいているのかもしれませんが、それも一つに東京の魅力あってのことでしょう。また、もう一つの駅は結局何なのでしょうか?

PostHeaderIcon 新宿に観光

10月 20th, 2014 Author: admin

girl-500510_640
新宿に観光でやってきました。初めて降りる新宿駅でしたが、人が多いからなのか酸素が何となく薄く感じて、若干気持ち悪くなってしまいました。
しかし、本当に人が多いんですね。びっくりしました。以前一度東京には来たのですが、ここまで人が多いというのを感じなかったのです。
家族で観光に来たのですが、実はこっそりと企んでいることがあるんです。
子供と妻が夜ホテルで寝ている間に、風俗へ行こうと企んでいるんです。楽しみで、早く妻と子供が寝てくれないかと、一人にやにやしている次第です。
そして深夜。やっとみんな家族が寝静まったので、出陣します。
とうとうやってきました。新宿歌舞伎町。ここに来たくて家族を連れて東京観光へ行こうと誘ったんです。歌舞伎町に行かないわけにはいかないです。
以前から決めていた風俗店へ向かい、しっかりスッキリ、サービスしてもらい、満足して何もなかったかのようにホテルへ戻りました。
翌朝、妻に「あなた、夜中にどこに出かけていたの?」と聞かれ、かなり焦ってしまったのは言うまでもありません。